コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊田昇 きくた のぼる

1件 の用語解説(菊田昇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊田昇 きくた-のぼる

1926-1991 昭和後期-平成時代の産婦人科医。
大正15年5月31日生まれ。昭和33年生地宮城県石巻市で開業。妊娠した未婚女性に母性保護,生命尊重の立場から出産をすすめ,約100人の新生児を子のない夫婦に実子として斡旋(あっせん)した。48年告発され,優生保護法指定医をとりけされる。事件をきっかけに62年実子特例法が制定された。平成3年8月21日死去。65歳。東北大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊田昇の関連キーワードユーゴ紛争畑知子世界の国旗大正天皇昭和イギリス映画小作争議文芸時代朝鮮映画東映(株)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone