コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊秀(きくひで)

デジタル大辞泉プラスの解説

菊秀(きくひで)

長野県、橘倉酒造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きくひで【菊秀】

長野の日本酒。江戸時代の銘は「菊之泉」だったが、明治期に「本菊泉」に改称、昭和初期の品評会受賞を機に上級銘柄として「菊秀」を発売した。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米酒本醸造酒などがある。原料米は山田錦美山錦など。仕込み水は千曲川伏流水蔵元の「橘倉(きつくら)酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は佐久市臼田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

菊秀(きくひで)の関連キーワード三浦加洋子陳元贇長野県

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android