(読み)キク

デジタル大辞泉の解説

きく【菊】


㋐キク科の多年草。日本の代表的な花の一。主に秋に咲き、花の色・形などにより、非常に多くの品種があり、大きさにより大菊・中菊・小菊と大別される。古く中国から渡来したとされ、江戸時代には改良が進んだ。観賞用に広く栽培され、食用にもなる。 秋》「わがいのち―にむかひてしづかなる/秋桜子
㋑キク科キク属の多年草の総称。茎は硬く、葉は卵形で多くの切れ込みがある。秋、白または黄色の頭状花が咲く。シュンギクリュウノウギクイソギクなども含まれる。キク植物双子葉植物では最も進化・分化しており、世界に広く分布。約950属2万種が知られ、キク・タンポポヨモギアザミなどの属が含まれる。多年草が多いが一年草や高木もある。花は頭状花序をつくり、合弁花で、管状花舌状花との二形がある。萼(がく)は変形して冠毛となる。
襲(かさね)の色目の名。表が白、裏が紫または蘇芳(すおう)のものをいう。陰暦9、10月に着用する。菊襲(きくがさね)。
紋所の名。菊の花や葉などを図案化したもの。皇室の一六葉八重表菊のほか種類が多い。
菊の花のような形をしたひも。菊形。菊花形。
[補説]作品名別項。→

きく【菊】[漢字項目]

常用漢字] [音]キク(呉)(漢)
植物の名。キク。「菊花寒菊観菊残菊白菊(しらぎく)野菊(のぎく)乱菊除虫菊
[名のり]あき・ひ

きく【菊】[曲名]

《原題、〈イタリア〉I Crisantemiプッチーニの弦楽四重奏曲。嬰ハ短調。全1楽章。1890年作曲。オペラ「マノンレスコー」の第4幕で歌われる二重唱の主題として転用された。菊の花。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

きく

?-? 江戸時代前期,淀殿の侍女。
慶長20年の大坂落城に際して京都に脱出,のち備前の田中氏と結婚し,延宝6年(1678)83歳で死去したといわれる。17世紀末ごろ,菊の回想談を孫の岡山藩医田中意徳から聞き書きした「おきく物語」(作者未詳)が成立。のち関ケ原の戦いをかたった「おあむ物語」との合本も刊行された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きく【菊】

栃木の日本酒大吟醸酒、吟醸酒、純米酒本醸造酒、普通酒がある。平成10、14、15、18、22~24、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦、五百万石など。蔵元の「虎屋本店」は天明8年(1788)創業。宇都宮の名水と呼ばれた「虹乃井」による酒造り発祥所在地は宇都宮市本町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

栃木県、株式会社虎屋本店の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞

イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニの弦楽四重奏曲(1892)。原題《I crisantemi》。単一楽章。オペラの作曲家として名高いプッチーニによる数少ない室内楽曲の一つとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きく【菊】

キク科の多年草。葉は卵形で波状に切れ込み、鋸歯がある。頭花は大小様々で小菊・中菊・大菊の別があり、一重また八重。色は白・黄・赤など多様。主に秋に咲く。古く中国から渡来したとされ、観賞に供されてきた。特に近世以降、多くの栽培品種が育成された。花弁を食用とするものもある。 [季] 秋。 《 -の香や奈良には古き仏たち /芭蕉 》
紋・模様の名。菊の花や葉をかたどったもの。 → 菊花きくか
かさねの色目の名。表は白、裏は蘇芳すおう。裏は青・紫も。秋に着用。菊襲きくがさね

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菊 (キク)

植物。キク科キク属の草の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

菊[花卉類]
きく

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に田原市豊川市で生産されている。愛知県の菊出荷量は全国のおよそ3分の1を占める。電照栽培スプレー菊を全国で初めて取り入れたのが愛知県である。現在では、ガラス温室や電照、暖房装置などを用い、周年出荷されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きく【菊】

〘名〙 (「きく」は菊の字音)
① キク科キク属の植物の総称。多年草で、茎の下部は木質化する。葉は互生、卵形で縁は欠刻し、その間にさらに切れ込みがあり先端はとがる。茎頂に管状花と舌状花から成る頭花をつける。日本には、二十数種が野生し、その他に多数の園芸品種がある。観賞用に栽培されるほか、料理用や薬用にも用いられ、リュウノウギク、イソギク、シュンギク、マーガレット、除虫菊などがある。中国では不老長寿の効ありとされ、日本には奈良時代に渡来したようであるが、日本で著しく品種の改良を見、近世には、多数の品種が現われた。薬用、食用、観賞、切り花、装飾などと用途は広く、詩文、絵画、文様、工芸などの題材となることも多い。皇室の紋章に使用され、日本の国花ともされている。隠君子。延年。延寿客。東籬客(とうりかく)。いえぎく。あきのはな。いなでぐさ。ちぎりぐさ。かたみぐさ。よわいぐさ。ももよぐさ。《季・秋》
※懐風藻(751)晩秋於長王宅宴〈田中浄足〉「水底遊鱗戯。巖前菊気芳」
※古今(905‐914)恋二・五六四「わがやどのきくのかきねにおく霜の消えかへりてぞ恋しかりける〈紀友則〉」 〔陶潜‐飲酒詩・其五〕
② 襲(かさね)の色目。男の直衣(のうし)、狩衣(かりぎぬ)、下襲(したがさね)、女の唐衣(からぎぬ)、袿(うちぎ)などの表裏の色の配合の名称。表が白、裏が蘇芳(すおう)のものをいう。異説に、裏は青とも紫ともいう。陰暦九、一〇月に着用する。また、菊は葉菊、莟菊(つぼみぎく)、白菊、黄菊、移菊(うつろいぎく)、紅菊(くれないぎく)などの総名ともいう(歴世服飾考(1893))。菊襲(きくがさね)
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一〇月一六日「表着(うはぎ)は菊の五重(いつへ)、掻練はくれなゐ」
※更級日記(1059頃)「きくのこくうすき八つばかりに、こき掻練をうへに着たり」
④ 文様の名。菊の花や葉などの形を用いた模様。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「赤朽葉に花ふれうの小袿、きくの摺裳」
⑤ 紋所の名。菊の花や葉や枝を図案化した紋章。十六菊、菊菱、十菊、抱き菊の葉などの種類があり、特に、皇室の紋章は十六葉八重表菊、宮家共通の紋章は十四葉一重裏菊。
※増鏡(1368‐76頃)一〇「女院は、院の上一つ御車に、きくの網代庇(あじろびさし)にたてまつる」
⑥ 菊の花のような形をしたひもの乳(ち)。菊形。菊花形。
※讚岐典侍(1108頃)下「織物の三重の几帳に菊を結びなどして」
⑦ 肛門(こうもん)の異称。そのさまが、菊花を思わせるところからいう。とくに男色(なんしょく)に関していう場合が多い。鶏姦(けいかん)の対象としての肛門。菊の花。菊座。牛蒡(ごぼう)の切り口。
※雑俳・笠付類題集(1834)「うつ向て・菊の案内する小姓」
⑧ 「きくわた(菊腸)」の略。
⑨ 花ガルタの九月の札。菊にさかずきの一〇点札一枚、菊に青短冊の五点札一枚、菊の一点札二枚がある。
⑩ 京阪の青物市場で使われる符丁で「九」のこと。九月を菊月というところからきたもの。
⑪ 香木の名。百二十種名香の一つ。〔類聚名物考(1780頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菊の関連情報