コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菩多尼訶経 ボタニカキョウ

デジタル大辞泉の解説

ボタニカきょう〔‐キヤウ〕【菩多尼訶経】

《〈ラテン〉botanicaは植物学の意》江戸後期の学術書。1冊。宇田川榕庵著。文政5年(1822)刊。日本で初めての組織だった植物学書で、経のように折本式になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼたにかきょう【菩多尼訶経】

日本最初の植物学(ラテン botanica)入門書。宇田川榕庵著。経文体折本の小冊子。一冊。1822年刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

菩多尼訶経の関連キーワード伊藤 篤太郎宇田川榕菴植学啓原小冊子