コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小本 コホン

デジタル大辞泉の解説

こ‐ほん【小本】

《「こぼん」とも》
小形の本。
半紙四つ折りの大きさの本。また、特に洒落本のこと。

しょう‐ほん〔セウ‐〕【小本】

小形の本。こほん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こほん【小本】

書物の形態をいう書誌学用語。半紙二つ折りを半紙本といい,それをさらに二つに折った大きさのもの。おおよそ縦14~15cm,横10~11cmで,今日の文庫本程度の大きさである。江戸後期の洒落本は主としてこの形態をとる。幕末になって銅版印刷が行われてくると,ハンディな袖珍(しゆうちん)本の形態であるのでこの大きさの書物の出版が増加する。小型本の俗称にも用いる。大本(おおほん)中本横本【宗政 五十緒】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こほん【小本】

〔「こぼん」とも〕
小形の本。
半紙を四つ折りにした大きさの草双紙や洒落本の別称。

しょうほん【小本】

小さい本。小形の本。こほん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小本の言及

【判型】より

…半紙を用い,長辺を二つ折りにした大きさの本(250mm×170mm)を半紙判または半紙本という。また,美濃本より大きい形の本を大本(おおほん)といい,美濃本の半分の大きさの本を中本(ちゆうほん),半紙本の半分以下の大きさの本を小本(こほん)という。ほかに,枡(ます)のように正方形または正方形に近い形の枡形本がある。…

【美濃本】より

…美濃本と並んで多いのは〈半紙本〉であるが,これは大奉書紙(縦1尺3寸,横1尺7寸5分(394mm×530mm))を半截した半紙二つ折りの大きさで,美濃本よりひとまわり小さい。また,美濃本よりも大きい本は大本(おおほん)といい,美濃本の半分は中本(ちゆうほん),半紙本の半分およびそれ以下を小本(こほん)という。枡型本(ますがたぼん)豆本【竹上 深】。…

※「小本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小本の関連キーワード岩手県下閉伊郡岩泉町鹿の子餅・鹿の子餠シルクスクリーン佐々木弥五兵衛小本村弥五兵衛三陸鉄道の現況岩泉(町)ザルツマン俳諧七部集蕪村七部集役者評判記咄本・噺本かちかち山小本村斎太鹿の子餅明和伎鑑奈良絵本遊子方言柄井川柳般若心経

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小本の関連情報