コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川榕庵 うだがわようあん

5件 の用語解説(宇田川榕庵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇田川榕庵
うだがわようあん

[生]寛政10(1798).江戸
[没]弘化3(1846).6.22. 江戸
江戸時代後期の蘭学者。本姓は江沢。宇田川榛斎の養子。蘭学を馬場佐十郎に学ぶ。養父の『和蘭薬鏡』『遠西医方名物考』の編集,校訂を行い,自身では文政2 (1822) 年に『西説菩多尼訶経』,天保4 (33) 年に『植学啓原』を著わして日本の近代植物学の開祖となり,C.リンネの分類を紹介した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うだがわ‐ようあん〔うだがは‐〕【宇田川榕庵】

[1798~1846]江戸後期の蘭学者。日本の化学の開拓者。江戸の人。本名、江沢榕。蘭学者の江沢養樹の子。榛斎の養子。馬場佐十郎らに蘭学を学び、化学・植物学・薬学に通じた。著「舎密開宗(セイミかいそう)」「植学啓原」「西説菩多尼訶経(ボタニカきょう)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇田川榕庵【うだがわようあん】

江戸時代の洋学者。大垣藩医江沢養樹の子。名は榕。宇田川榛斎(しんさい)の養子となり,美作(みまさか)津山藩の侍医。蘭学に通じ,《菩多尼訶経(ぼたにかきょう)》《植学啓原》で科学的植物学を説いた。
→関連項目大垣藩ヘンリー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川榕庵 うだがわ-ようあん

1798-1846 江戸時代後期の医師,蘭学者。
寛政10年3月9/16日生まれ。宇田川玄真の養子。美作(みまさか)(岡山県)津山藩医。馬場佐十郎らにオランダ語をまなぶ。文政9年幕府天文方の蕃書和解(ばんしょわげ)御用訳員となる。日本最初の西洋植物学書「菩多尼訶(ボタニカ)経」,リンネの分類法を紹介した「植学啓原」,日本最初の体系的化学書「舎密開宗(セイミかいそう)」などをあらわした。弘化(こうか)3年6月22日死去。49歳。江戸出身。本姓は江沢。名は榕。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うだがわようあん【宇田川榕庵】

1798~1846) 江戸後期の蘭学者。江戸の人。大垣藩医江沢養樹の子。名は榕。榛斎の養子。多数の訳書により西欧の化学・薬学・生物学の紹介をするとともに「厚生新編」の訳業にも参加し昆虫学の分野を担当。著「舎密開宗」「植学啓原」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇田川榕庵の関連キーワード三角了敬阿部古仙神戸習悦沢田玄良滝沢宗伯百々俊道藤浪方岳松村養全棟方玄栄吉益恬庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone