宇田川榕庵(読み)うだがわようあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇田川榕庵
うだがわようあん

[生]寛政10(1798).江戸
[没]弘化3(1846).6.22. 江戸
江戸時代後期の蘭学者。本姓は江沢。宇田川榛斎の養子。蘭学を馬場佐十郎に学ぶ。養父の『和蘭薬鏡』『遠西医方名物考』の編集,校訂を行い,自身では文政2 (1822) 年に『西説菩多尼訶経』,天保4 (33) 年に『植学啓原』を著わして日本の近代植物学の開祖となり,C.リンネの分類を紹介した。また同8年から2年かけて『舎密開宗』 (21巻) を出版。これは W.ヘンリーの"Elements of Experimental Chemistry" (実験化学初歩) の蘭訳本を翻訳した日本最初の本格的な化学書。動物については『動学啓原』を著わし,リンネの動物分類表を載せているが,未刊である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うだがわ‐ようあん〔うだがは‐〕【宇田川榕庵】

[1798~1846]江戸後期の蘭学者。日本の化学の開拓者。江戸の人。本名、江沢。蘭学者の江沢養樹の子。榛斎の養子馬場佐十郎らに蘭学を学び、化学・植物学薬学に通じた。著「舎密開宗(セイミかいそう)」「植学啓原」「西説菩多尼訶経(ボタニカきょう)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宇田川榕庵【うだがわようあん】

江戸時代の洋学者。大垣藩医江沢養樹の子。名は榕。宇田川榛斎(しんさい)の養子となり,美作(みまさか)津山藩の侍医。蘭学に通じ,《菩多尼訶経(ぼたにかきょう)》《植学啓原》で科学的植物学を説いた。蘭書に基づいて著した《舎密開宗(せいみかいそう)》(1837年―1847年)は日本最初の化学書。
→関連項目大垣藩ヘンリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川榕庵 うだがわ-ようあん

1798-1846 江戸時代後期の医師,蘭学者。
寛政10年3月9/16日生まれ。宇田川玄真の養子。美作(みまさか)(岡山県)津山藩医。馬場佐十郎らにオランダ語をまなぶ。文政9年幕府天文方の蕃書和解(ばんしょわげ)御用訳員となる。日本最初の西洋植物学書「菩多尼訶(ボタニカ)経」,リンネの分類法を紹介した「植学啓原」,日本最初の体系的化学書「舎密開宗(セイミかいそう)」などをあらわした。弘化(こうか)3年6月22日死去。49歳。江戸出身。本姓は江沢。名は榕。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うだがわようあん【宇田川榕庵】

1798~1846) 江戸後期の蘭学者。江戸の人。大垣藩医江沢養樹の子。名は榕。榛斎の養子。多数の訳書により西欧の化学・薬学・生物学の紹介をするとともに「厚生新編」の訳業にも参加し昆虫学の分野を担当。著「舎密開宗」「植学啓原」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

宇田川榕庵 (うだがわようあん)

生年月日:1798年3月9日
江戸時代後期の蘭学医
1846年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android