コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華蔵義曇 けぞう ぎどん

2件 の用語解説(華蔵義曇の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

華蔵義曇 けぞう-ぎどん

1375-1455 室町時代の僧。
永和元=天授元年生まれ。曹洞(そうとう)宗。肥後(熊本県)の人。肥後海蔵寺の梅巌義東(ばいがん-ぎとう)に20年間師事し,その法をつぐ。遠江(とおとうみ)(静岡県)引間城主吉良(きら)氏にまねかれ,正長(しょうちょう)元年随縁寺(のちの普済寺)をひらいた。享徳4年4月1日死去。81歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

華蔵義曇

没年:康正1.4.1(1455.4.17)
生年:永和1/天授1(1375)
室町時代曹洞宗の禅僧。肥後(熊本県)の人。10歳で肥後海蔵寺の梅巌義東について出家し,参学20年にして法を嗣ぐ。義東の死後,諸地を歴遊して遠江(静岡県)に至り,引間城(浜松市)城主の吉良義尚の招きで本能山随縁寺に住した。のちに天竜川の洪水で寺域を城池に移して広沢山普済寺と改め,派祖の寒巌義尹から師の義東までを勧請して自ら5世となった。また同地の新豊院,宗源院の開山にも請ぜられた。のち寒巌派は九州の地のみでなく,東海地方にも勢力を持つこととなり,義曇の系統は普済寺13門派を形成した。

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

華蔵義曇の関連キーワード玉山全英凸巌養益越溪休覚太源宗真徹通義介洞山良价別源円旨大智道了薩埵円応性瑩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone