コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱川秦嶺 ひしかわ しんれい

1件 の用語解説(菱川秦嶺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菱川秦嶺 ひしかわ-しんれい

1748-1803 江戸時代中期-後期の儒者。
寛延元年生まれ。後藤芝山(しざん)にまなぶ。大坂で尾藤二洲(びとう-じしゅう)と交遊。天明8年大坂城代下総(しもうさ)佐倉藩主堀田正順(まさあり)につかえ,のち江戸で世子の侍講となる。享和3年7月9日死去。56歳。備前(岡山県)出身。名は賓。字(あざな)は大観。通称は宇門。別号に岡山。著作に「正名緒言」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菱川秦嶺の関連キーワード秋保新左衛門秋保盛弁一色芳桂太田九井神崎寛済桜井栗堂三鍼諏訪幾平樗雲蓑内可董

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone