コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観 タイカン

デジタル大辞泉の解説

たい‐かん〔‐クワン〕【大観】

[名](スル)
広く全体を見渡すこと。大局を眺めること。「世界の政情を大観する」
雄大な景色。壮大な眺め。「山頂からの大観

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

たいかん【大観】

福岡の日本酒純米吟醸酒本醸造酒などがある。蔵元の「翁酒造」は嘉永元年(1848)創業所在地は古賀市花見南。

たいかん【大観】

茨城の日本酒。酒名は、茨城出身の日本画家・横山大観と交友のあった蔵元がその名を使うことを許されて命名。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成5、13、19、20、22、24、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水は阿武隈(あぶくま)山系伏流水。蔵元の「森島酒造」は明治2年(1869)創業。所在地は日立市川尻町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大観

茨城県、森島酒造株式会社の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいかん【大観】

( 名 ) スル
広く全体にわたって見ること。広く見通して大局を判断すること。 「時局を-する」
壮大な景色。偉大な眺め。 「富士の-」 「秋の-を知覚せんや/日本風景論 重昂

たいかん【大観】

横山よこやま大観

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大観
たいかん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大観の言及

【横山大観】より

…96年東京美術学校助教授となり,同年日本絵画協会が創立されると,その中堅作家として《無我》などの秀作を出品。このころより大観の号を用いはじめる。 98年東京美術学校において岡倉校長排斥の内紛がおこり,天心の辞職とともに野に下って日本美術院の創立に参加,その正員となる。…

※「大観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大観の関連キーワード秋田県仙北市田沢湖生保内群馬県高崎市石原町東京都台東区池之端岩手県釜石市大平町アルプススタンド横山大観記念館静岡県立美術館立山四季の水松下大三郎日本美術院日本風景論足立美術館町田佳声坪内士行残山剰水飯田斧木下村観山斎藤隆三福田眉仙俳句大観

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大観の関連情報