萎え(読み)ナエ

デジタル大辞泉の解説

なえ【萎え】

力が抜けて自由がきかなくなること。なえること。「足の萎え」「気力の萎え
[補説]「あしなえ」「てなえ」の「なえ」は、歴史的かなづかいが「なへ」であり、意味も足や手の運用が自由でないことの意で「萎え」とは異なるが、後世混同された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なえ【萎え】

なえること。 「気持ちの-」
俗に、興ざめすること。近年の若者言葉。 → 萌え

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萎えの関連情報