コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落し掛け オトシカケ

1件 の用語解説(落し掛けの意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

落し掛け

床の間の上部の小壁の下端に取り付けられる横材。本床(ほんどこ)の真(しん)の座敷の場合は、ヒノキやスギ柾などが用いられ、見付けを柾目、下端(見込み)を板目または杢目(もくめ。木の繊維の配列が不規則で美しい模様が現われている木目)にすることが多い。→床の間、柾目

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落し掛けの関連キーワード雨戸違い棚長押間柱小壁幅木木舞まぐさ枕棚

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone