コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落合双石 おちあい そうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合双石 おちあい-そうせき

1785-1868 江戸時代後期の儒者。
天明5年生まれ。日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)藩士。長崎で吉村正隆にまなぶ。昌平黌(しょうへいこう)にはいり舎長となる。帰藩後藩主の侍読,藩校振徳堂の教授をつとめ,慶応2年用人上席となった。慶応4年7月17日死去。84歳。名は賡。字(あざな)は子載。通称は鉄五郎,敬助。著作に「鴻爪詩集」「論語統」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

落合双石の関連キーワード菊川延年儒者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android