落合謙太郎(読み)おちあい けんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

落合謙太郎 おちあい-けんたろう

1870-1926 明治-大正時代の外交官。
明治3年2月21日生まれ。外務省にはいり,明治38年ポーツマス会議の首席書記官をつとめる。大正9年駐イタリア大使となり,11年近東平和会議に全権委員として出席。病気にかかり帰国の途中,大正15年6月4日船中で死去。57歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

落合謙太郎

没年:大正15.6.4(1926)
生年:明治3.2.21(1870.3.22)
明治大正期の外交官。近江国(滋賀県)東浅井郡生まれ。明治28(1895)年帝国大学卒業後外務省に入り,ソウル,杭州,駐露日本公使館,駐フランス日本公使館などの勤務を経て,38年8月ポーツマス講和会議に書記官として参加した。42年駐露日本大使館参事官,44年奉天総領事兼関東都督府事務官,大正4(1915)年駐オランダ兼駐デンマーク日本公使,9年駐伊日本大使。11年ローザンヌで開催された近東平和会議に全権委員として出席,活躍するが,帰国途上船中で病没した。堅実な外交官として評価を得ていた。<参考文献>栗原健編『対満蒙政策史の一面』

(木村昌人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android