コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全権大使 ゼンケンタイシ

大辞林 第三版の解説

ぜんけんたいし【全権大使】

特命全権大使」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の全権大使の言及

【外交】より

…この当時,国家の対外政策の目的とは,国王の版図の拡大であり,国王の財源の増大であり,国王の栄光の発揮であった。外交官はこの目的の実現に奉仕すべき臣下であり,全権大使とは他国にあって国王を代理して交渉の任にあたるものとされたのである。〈宮廷外交〉の時代には,秘密外交方式は当然のこととされ,他国の国情のスパイから,宮廷内の反対派を籠絡(ろうらく)する陰謀工作や,軍事力の威嚇を用いる一方,賄賂や地位で誘う〈ムチとアメ〉の策略が使われるなど,多様な外交戦術が駆使された。…

※「全権大使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

全権大使の関連キーワードウラジーミル・イリイチ ステパコーフヴァシーリー トールスチコフウラジーミル セミョーノフヴァレンチン ファーリンM.M. メンディエタヴァェリアーン ゾリンニコライ ミハーイロフ石井=ランシング協定セルゲイ パブロフ慶親王奕【きょう】G. アウリティF. リンドリ特命全権公使日清修好条規アマースト小村寿太郎ゴルギアス岩倉使節団来栖 三郎野村吉三郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全権大使の関連情報