全権大使(読み)ゼンケンタイシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんけん‐たいし【全権大使】

〘名〙 (「特命全権大使」の略) 国家を代表し、外交の全権を委任されて交渉に当たる外交使節中で第一階級の官吏。各国に派遣され、本国政府の命をうけて外交の任にあたる。大使。比喩的に、代表としてすべてを任され事にあたる人。
※東京日日新聞‐明治六年(1873)九月一三日「全権大使岩倉公、及び随行の官員横浜へ着港せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の全権大使の言及

【外交】より

…この当時,国家の対外政策の目的とは,国王の版図の拡大であり,国王の財源の増大であり,国王の栄光の発揮であった。外交官はこの目的の実現に奉仕すべき臣下であり,全権大使とは他国にあって国王を代理して交渉の任にあたるものとされたのである。〈宮廷外交〉の時代には,秘密外交方式は当然のこととされ,他国の国情のスパイから,宮廷内の反対派を籠絡(ろうらく)する陰謀工作や,軍事力の威嚇を用いる一方,賄賂や地位で誘う〈ムチとアメ〉の策略が使われるなど,多様な外交戦術が駆使された。…

※「全権大使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全権大使の関連情報