落地(読み)おちち

  • おちじ ‥ヂ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代、検地に漏れ、検地帳に登記されない田畑をいう。村方の作為によって落地を生じた場合は、隠田(かくしだ)同様の処分をうけた。落とし地。
※地方凡例録(1794)二「尤検地後一両年過ぎ、落地有之旨訴出れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の落地の言及

【隠田】より

…荘園領主は,勘料徴収によって財源確保を志向したのであるが,かえってこうした合法的な検注除外田の増加によって荘園の定田数の減少を招いた例もみられ,結果的にはその荘園支配権を弱体化させていったとみることができる。【黒田 日出男】 近世では,別に隠し田,隠し畑,隠し田畑,隠し地ともいい,厳密には,検地施行に際し,村側が故意に案内をせず,検地後も持主が上申しないで耕作を続けるのを隠田,また故意なくして検地の対象外となり,その後上申した土地を落地(おちち)という。近世に至り,開発の進行とともに隠田がふえ,領主は法令をもってつねに厳禁し,違反に対しては厳罰に処した。…

※「落地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android