コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落地 おちち

世界大百科事典内の落地の言及

【隠田】より

…荘園領主は,勘料徴収によって財源確保を志向したのであるが,かえってこうした合法的な検注除外田の増加によって荘園の定田数の減少を招いた例もみられ,結果的にはその荘園支配権を弱体化させていったとみることができる。【黒田 日出男】 近世では,別に隠し田,隠し畑,隠し田畑,隠し地ともいい,厳密には,検地施行に際し,村側が故意に案内をせず,検地後も持主が上申しないで耕作を続けるのを隠田,また故意なくして検地の対象外となり,その後上申した土地を落地(おちち)という。近世に至り,開発の進行とともに隠田がふえ,領主は法令をもってつねに厳禁し,違反に対しては厳罰に処した。…

※「落地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落地の関連キーワードペトロパブロフスク・カムチャツキーオットー シュリューターサン・テグジュペリサン=テグジュペリ山陽道野磨駅家跡部落地名総鑑問題シュリューター湯之野[温泉]集落地域整備法ユリアネホープ中山(鳥取県)アナニノ文化ディーキルヒ小田内 通敏ウスティカ島ズーダーマン被差別部落四ツ池遺跡魚沼(市)ヒガンバナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android