コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠田 おんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隠田
おんでん

ひそかに耕作して租税を納めない田地律令国家荘園領主も厳禁し,太閤検地の際もその発見に努めたが,江戸時代を通じてかなりの隠田が,山陰谷間に開かれ,地租改正まで残った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おん‐でん【隠田】

中世・近世に、隠れて耕作し、年貢や祖税を免れた田。かくしだ。忍び田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

隠田【おんでん】

〈かくしだ〉とも読む。年貢徴収をのがれるため支配者に隠して耕作する田。畑の場合は隠し畑という。古代から厳禁されていたが,江戸時代に新田開発の進展に伴い増加,役人の目の届かない山間谷間に多く,地租改正まで残存。
→関連項目検地地押

隠田【かくしだ】

隠田(おんでん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんでん【隠田】

農民がその存在を隠して耕作し,年貢などを納入せずに作取りとしている田地。畠の場合は隠畠(かくしばた)という。古代から近世に至るまで,支配者側からすれば重大な違法行為であった。古代では成文化された罰則は見いだしえないが,隠田は没官(もつかん)(没収)されて公廨(くがい)田,職田,口分田に充てられた。中世では,正検注,内検注などの際に隠田の摘発が行われ,隠田の罪科が発覚した場合には隠田者は追放処分を受け,隠田は没収されるのが通法であったと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おんでん【隠田】

中世・近世に、隠して耕作し、年貢その他の租税を納めない田地。隠没田。かくしだ。忍び田。いんでん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隠田の言及

【検注】より

…正検注は大検注,実検注などとも称せられ,領有地全域を対象として行われ,すべての検注の基本をなし,領有地支配の根底をなした点できわめて重要な意味をもつ。その目的は上記のごとくであるが,そのほかに隠田の摘発,斗代すなわち段当り租税額の増額なども併せ行われた。正検注は元来領主の代替りや,その他必要に応じて施行されるべきであるが,これによって納税の面や接待の面などで多大の損失を被る農民側の拒否のために,実施が困難になる場合が少なくなかった。…

【地押】より

…その結果を記した帳簿を地押帳または地詰帳といい,記載様式は検地帳と同様である。地押は隠田(おんでん)の告訴があった場合,事故があって村方から願い出があった場合,あるいは論争となった土地を実検する必要が生じた場合などに行われた。その場合1~2耕地程度の小規模であれば廻り検地(惣まわりを絵図にうつし反別を改める方法)ですませた。…

※「隠田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隠田の関連キーワード志摩加茂五郷の盆祭行事九州中央山地国定公園隠田(おんでん)隠田(かくしだ)忍び田・隠び田河原善右衛門伊是名(村)南島[町]椎葉(村)沢内盆地神尾春央五公五民細川重賢隠田集落堀江芳極隠田百姓祖谷渓剣山地米良荘椎葉村

隠田の関連情報