コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛野川 かどのがわ

百科事典マイペディアの解説

葛野川【かどのがわ】

大堰川(おおいがわ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かどのがわ【葛野川】

桂川古名。山城(山背)国葛野郡を流れていたところから郡名をとって葛野川と称された。源流は丹波高原に発するが,保津峡谷を流れ嵐山で京都盆地の平野部に出てから淀川に合流するまでの間を葛野川とよんだ。流域は早くから開発されていて,弥生時代などの多くの遺跡が存在する。文献への登場も早く,5世紀後半には葛野大堰と称される取水堰が作られたという。やがて平安時代に桂津が発展したために桂川の呼称が一般的となって,葛野川の名はほとんど用いられなくなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の葛野川の言及

【大堰川】より

…また河谷沿いに陸路も山陰道,周山街道,若狭街道があって,日本海沿岸地域と京都を連絡し,亀岡(亀山),園部には城下町が発達した。【服部 昌之】
[歴史]
 名称の大堰は,秦氏の系譜を記したと思われる〈秦氏本系帳〉によれば,秦氏が一族をあげて葛野(かどの)川に取水堰を築いたといい,〈葛野大堰〉と呼んだ。これによって秦氏は5世紀後半に流域の開発に成功し,そのために大堰は記念すべき施設となり,川の名称も大堰川と呼ばれるようになった。…

【桂川】より

…下流沿岸では住宅地と工場の進出によって急速に市街地化が進んでいる。【服部 昌之】
[歴史]
 古くは郡名を負って葛野(かどの)川と称したが,大堰をつくり一帯を開発したという秦氏の伝承(〈秦氏本系帳〉)により,大堰(井)川ともいい,また桂川の称も早くから生まれている。平安時代には鴨川を東河というのに対して西河と呼ばれ,防鴨河使と同様,防葛野川使が置かれていた。…

※「葛野川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葛野川の関連キーワード揚水式発電岩殿山水圧管

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android