コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都盆地 きょうとぼんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都盆地
きょうとぼんち

京都府南部にある盆地山城盆地ともいう。東西約 11km,南北約 36km,面積約 270km2新第三紀末期,瀬戸内地溝帯の一部として形成された地溝盆地。第四紀更新世洪積世)には一時期,海または湖となったが,その後,隆起や河川の堆積作用によって陸化し,洪積層は,山麓に紫野,嵯峨野,長岡,桃山,宇治などの洪積台地となって現存。桂川鴨川南流宇治川西流木津川が北流し,沿岸に沖積平野を形成。各河川は盆地中西部に集まり,淀川となって大阪平野に流れ出る。気候は内陸型の瀬戸内気候に属し,寒暑の差が大きい。古くから開発が進み,8世紀には盆地北部長岡京平安京が築かれた。盆地底の北半部は大部分が京都市と周辺都市部で,南半部は農地が多い。米作,野菜栽培のほか,北西部の台地ではたけのこ,東部ではチャ(茶)の栽培が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうと‐ぼんち〔キヤウト‐〕【京都盆地】

京都府南部の盆地。北半部を京都市が占める。三方を山に囲まれ、南は大阪平野・奈良盆地に接する。山城盆地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

京都盆地【きょうとぼんち】

京都府南部の盆地。山城盆地ともいい,面積約270km2。東と西に明瞭な断層をもつ断層盆地で,地溝状を呈する。北部は賀茂川の扇状地で京都市街が発達,南部は宇治川桂川木津川沖積低地で水田が開け,近年工業地化も進む。
→関連項目井手[町]大山崎[町]木津[町]京都[府]京都[市]島本[町]八幡[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとぼんち【京都盆地】

京都府南部の盆地。山城盆地ともいう。第三紀末ごろに形成された地溝性の盆地で,南北約40km,東西約15km。奈良丘陵によって限られた南側を除けば,周辺はいずれも標高600mほどの古生層山地で,盆地とは断層で画されている。東側は比叡山とそこから南へ続く東山一帯,および醍醐山地,信楽しがらき)山地に,西側は摂丹山地東端の西山生駒山地に,北側は丹波高地南端の北山が連なる。これらの山麓部には第三紀層からなる丘陵や洪積台地が発達し,それらの間に岩倉,山科(やましな)などの小盆地がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうとぼんち【京都盆地】

京都府南部にある盆地。北部に京都市が位置する。気候は内陸型。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕京都盆地(きょうとぼんち)


京都府南部の盆地。北部の京都市ほか、宇治(うじ)・向日(むこう)・長岡京(ながおかきょう)・城陽(じょうよう)・八幡(やわた)・木津川(きづがわ)の各市が位置する。南北約36km、東西約11km。山城(やましろ)盆地とも。南北に断層の走る地溝性の盆地。北から西を丹波(たんば)高地の北山・西山、南西を生駒(いこま)山地の北に延びる男山(おとこやま)丘陵、北東を比叡(ひえい)山とその南に続く東山、南東を笠置(かさぎ)山地(大和(やまと)高原)、南を奈良山(ならやま)丘陵に囲まれる。中央部を宇治川、北から鴨(かも)川・桂(かつら)川、南から木津(きづ)川が流れ西部で合流、淀(よど)川となって大阪平野に流出する。古くから開発が進み、8世紀に長岡京・平安京(へいあんきょう)が築かれるなど古代日本の中枢地域となる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都盆地
きょうとぼんち

京都府南部を占める盆地。山城(やましろ)盆地ともいう。瀬戸内海陥没地帯の延長にあたり、近畿地方の中央部を南北に走る隆起軸に沿って生じた地溝盆地である。南北約30キロメートル、東西約10キロメートルの小判状をなしている。北部から北西部は丹波(たんば)高地で囲まれ、京都市北部は北山山地、西部は西山山地とよばれる。また東部は比良(ひら)山地から続く花折(はなおれ)断層によって西麓(せいろく)を画された四明(しめい)岳(839メートル)を主峰とする地塁状の比叡(ひえい)山地で、南は東山丘陵に連なる。また盆地南部の西は甘南備(かんなび)丘陵で大阪平野と、南は奈良坂丘陵で奈良盆地と境する。更新世(洪積世)の湖盆時代に堆積(たいせき)した洪積層が周辺に洪積台地を形成しているが、盆地の中央は琵琶(びわ)湖から発する宇治川が東西に流れ、北から流れる鴨(かも)川、桂(かつら)川、南から流れる木津川と合流し、合流点近くには、昭和初期まで遺跡湖の巨椋池(干拓化)が残存していた。
 奈良盆地に接する京都盆地は早くから開発され、ことに8世紀後半から長岡京、平安京が造営され、明治維新まで1000年間王城の地として栄え、現在も京都市のほかに、宇治、向日(むこう)、長岡京、城陽、八幡(やわた)の5市が位置し、人口も約180万人が集中する。交通の要地で、東海道本線、東海道・山陽新幹線、名神高速道路などが通じ、阪急電鉄など私鉄の出入りも多い。京都市周辺では工業も発達し、南部では集約的な近郊農業が営まれる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

京都盆地の関連キーワード京都府久世郡久御山町保津峡府立自然公園西山(京都盆地)京都府長岡京市賀茂川∥鴨川京田辺[市]長岡京[市]桂川(京都)京都府向日市京都府城陽市大山崎[町]八幡[市]島本[町]木津[町]井手[町]向日[市]甘南備丘陵宇治[市]京都[市]大阪層群

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都盆地の関連情報