コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛飾為斎 かつしか いさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛飾為斎 かつしか-いさい

1821-1880 江戸時代後期の浮世絵師。
文政4年生まれ。葛飾北斎にまなび,錦絵,版本挿絵,肉筆画などを手がける。安政6年(1859)横浜が開港されると,輸出向けの浮世絵をおおく制作した。明治13年6月死去。60歳。姓は清水。通称は宗次。別号に酔桜軒など。著作に「為斎画式」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

葛飾為斎の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニ紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android