コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葬玉 そうぎょくzang-yu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葬玉
そうぎょく
zang-yu

埋葬の際,死者の目,耳,口,鼻孔などの九竅 (9つの孔) に詰めた玉製品。中国の戦国時代から秦・漢代に盛行した。死者の再生を願ったり,また食料が来世に尽きることのないようにという意味のものであろう。おもに白い軟玉を用いたが,ガラス,瑪瑙,その他のものも用いられた。朝鮮の石厳里9号墳出土のものは,その典型的なもの。日本の桜井茶臼山古墳出土の玉葉を葬玉の一種とする考えもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の葬玉の言及

【玉】より

…この食玉の風習も玉の呪力を体内にとりこみ止めるという呪術に由来し,その後に長寿延命を保つ法として受け継がれたと見られる。また,死者の口に含ませる〈含玉〉や手に握らせる〈握〉など副葬の玉器〈葬玉〉,玉片を金糸銀糸で綴って死者に着せた〈金縷(きんる)玉衣〉〈銀縷玉衣〉なども,もとはやはり玉に生成力,再生力をみとめ死者の復活を願ったのが起源であろう。葬玉の風習は六朝以降廃れるが,南中国の一部の地方では近年まで死者の口に翡翠(ひすい)(硬玉)をはませていた。…

【ヒスイ(翡翠)】より

…なぜスペインでヒスイが腎臓病に効く護符と見なされたのかというと,たぶんコロンブス発見以前のアステカ文明と関係があるらしく,中国とならんでヒスイが珍重された古代メキシコの習俗がスペインに移入されたのではないかと思われる。葬玉といって,秦・漢時代の中国で軟玉が死体とともに墓中に埋葬されたのは,それが道教の宇宙論的原理の陽に関与しているがゆえに,人体を腐敗から保護すると考えられたためであろう。【澁澤 龍】。…

【墳墓】より

…死者が生前に身につけていた装身具をそのままつけて葬るほか,特別に衣装,装身具をつくることもある。古代中国の金縷玉衣(きんるぎよくい)はその衣装,葬玉(そうぎよく)は死者用の玉(ぎよく)である。鹿児島県種子島の弥生時代の墓地,広田遺跡で出土した貝製の装身具には,生前着用のものと埋葬用のものとが区別できる。…

※「葬玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葬玉の関連キーワード埋葬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android