コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葵紋 あおいもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葵紋
あおいもん

日本の紋章の一種。植物のフタバアオイの葉,または葉と花とをかたどった紋章。京都の賀茂御祖神社賀茂別雷神社の神事に用いられ(→葵祭),賀茂明神を信仰した人々がこの植物を神聖視して家紋に用いた。最も有名なのは徳川家(→徳川氏)で,三河国で松平家を名のっていた頃から使用しており,天正14(1586)年,徳川家康は本多家以外の他家の使用を禁じた。形状から,徳川本家の三つ葉葵紀州徳川家の六つ葵,伊予松平家の葵巴,本多家の立葵などの区別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

葵紋の関連キーワードフタバアオイ(双葉葵)シーボルト事件主水正正清一平安代越前康継土生玄碩三葉葵葵下坂三つ葵重包康継正清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葵紋の関連情報