蒙古襞(読み)もうこひだ

大辞林 第三版の解説

もうこひだ【蒙古襞】

上まぶたの鼻筋寄りが小さなひだとなって目頭の部分にかぶさっているもの。黄色人種に多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もうこ‐ひだ【蒙古襞】

〘名〙 目がしらの部分をおおう上まぶたの襞(ひだ)。蒙古人種に多い蒙古眼にみられる形質。
※頑な今日(1963)〈島尾敏雄〉「目もとの蒙古襞をおさえる仕種」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android