蔡大鼎(読み)さい たいてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蔡大鼎 さい-たいてい

1823-? 琉球(りゅうきゅう)王国の政治家。
尚灝(しょうこう)王20年生まれ。久米村士族。清(しん)(中国)で風水をまなぶ。明治政府が沖縄県設置をめざすと,清政府に反対運動の陳情をくりかえす。運動の失敗後,中国で客死。本名は伊計親雲上(いけい-ぺーちん)。字(あざな)は汝霖。詩集に「閩山游草(びんざんゆうそう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android