陳情(読み)ちんじょう(英語表記)petition

  • ちんじょう ‥ジャウ
  • ちんじょう〔ジヤウ〕

翻訳|petition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民が公的機関に問題の実情述し,要求する行為。請願同意であるが,請願が憲法上の国民権利として法律上規定され,その処理が制度化されているのに対し,陳情は非公式な行為を含むより広い概念として理解されている。今日では請願がおもに議会に対して行われるのに対し,陳情は政党や議員個人に対して行われ,それを通じて具体的な行政執行機関にも及んでいる。また陳情の主体も一般国民に限らず,利益集団官庁自身など多様化しており,そのあり方については政治腐敗の原因ともなりかねないだけに批判が多い。特に予算編成などに際して,地方自治体や官庁など公的機関が行う陳情は国民が直接行う陳情とは異質なものであるだけに多くの問題を含んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)目上の人に、実情や心情を述べること。特に、中央や地方の公的機関、または政治家などに、実情を訴えて、善処してくれるよう要請すること。また、その行為。「国会に陳情する」「陳情団」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 上位の者の好意を期待して、心情を述べたり、事の次第を訴えたりすること。〔布令必用新撰字引(1869)〕
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉無名氏「軍の主計も末端の奴になると、華僑の陳情も聞いてくれぬらしい」 〔楚辞‐九章・思美人〕
② 中央や地方の公的機関に、実情を訴えて一定の施策を要請すること。「陳情団」
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉三「農民の代表として陳情に行かれたのであるか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陳情の言及

【請願】より

…しかし,民主化の促進とともに請願の数は増えつづけ,その政治的役割は大きくないものの,一定の政治的牽制の役を果たしている。 日本の特質として,請願の日本的表現としての〈陳情〉がある。陳情には,地元に中央政府の財政支出を誘導するため,市町村長や同議員,県知事や県議会議員が行う地方自治体を単位とするものと,米価決定時に大挙して米価審議会に押しかけて政策に圧力を加える農業協同組合のような,多種多様な組織によるものとがある。…

※「陳情」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陳情の関連情報