蔦谷 竜岬(読み)ツタヤ リュウコウ

20世紀日本人名事典の解説

蔦谷 竜岬
ツタヤ リュウコウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治19(1886)年7月28日

没年
昭和8(1933)年10月7日

出生地
青森県弘前

本名
蔦谷 幸作

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科選科〔明治43年〕卒

経歴
寺崎広業に師事。大正4年文展に初入選し、7年「御堂の朝」が文展特選となる。8年第1回帝展に無鑑査出品、続いて9年「霜の大原」、10年「浦の御座船」がいずれも帝展特選となる。13年帝展委員となり、以後帝展に出品。昭和4年、6年の帝展では審査員を務めた。大和絵的な装飾性を盛り込みながら、清楚な水墨画的妙味の風景画を得意とした。また京都、奈良を度々旅行し、古美術や建築を研究した。他の作品に「雨情三題」「妙音慈雨」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android