薄・芒(読み)すすき

大辞林 第三版の解説

すすき【薄・芒】

イネ科の大形多年草。山野の荒地に群生する。葉は叢生そうせいし、長い線形で縁がざらつく。秋、約1.5メートルの花茎を出し、尾花おばなといわれる花穂をつける。花穂には多数の細長い枝があって、白色または帯紫色の長毛のある小穂がつく。古くは葉で屋根をふいた。十五夜の月見に飾る。秋の七草の一。カヤ。 [季] 秋。
[句項目] 薄の穂にも怯じる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android