コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄・芒 すすき

大辞林 第三版の解説

すすき【薄・芒】

イネ科の大形多年草。山野の荒地に群生する。葉は叢生そうせいし、長い線形で縁がざらつく。秋、約1.5メートルの花茎を出し、尾花おばなといわれる花穂をつける。花穂には多数の細長い枝があって、白色または帯紫色の長毛のある小穂がつく。古くは葉で屋根をふいた。十五夜の月見に飾る。秋の七草の一。カヤ。 [季] 秋。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

薄・芒の関連キーワード花穂

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android