コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薛福成 せつふくせいXue Fu-cheng; Hsüeh Fu-eh`êng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薛福成
せつふくせい
Xue Fu-cheng; Hsüeh Fu-eh`êng

[生]道光18(1838)
[没]光緒20(1894).上海
中国,清末の外交官。江蘇省無錫の人。字は叔耘。号は庸庵。副貢生として曾国藩の幕吏から立身,湖南按察使を経て光緒 15 (1889) 年,イギリス,フランス,イタリア,ベルギー4ヵ国公使を命じられてロンドンに赴任,同 20年帰国したが上海で病死した。光緒1 (75) 年,体制維持のためのヨーロッパ技術の採用を皇帝に上書し,また西洋事情の紹介に努めるなど,洋務運動の一翼をになったが,洋務派主流に比し,比較的開明的であった。著書も多く,『庸庵全集』に収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

薛福成の関連キーワード天一閣

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android