薬師寺公義(読み)やくしじ きんよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薬師寺公義 やくしじ-きんよし

?-? 南北朝時代の武士,歌人。
高師直(こうの-もろなお)の家臣。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)師直・師泰(もろやす)兄弟が足利直義(ただよし)方に敗れたとき,最後の一戦を主張したがききいれられず出家,高野山にはいった。「新千載和歌集」などの勅撰集に歌6首がある。本姓は橘。通称は次郎左衛門。法名は元可家集に「元可法師集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android