コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍沢南城 あいざわ なんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藍沢南城 あいざわ-なんじょう

1792-1860 江戸時代後期の儒者。
寛政4年生まれ。江戸で松下葵岡(きこう)の門にまなぶ。帰郷して父藍沢北溟(ほくめい)の跡をつぎ家塾三余塾でおしえた。安政7年3月1日死去。69歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は祗。字(あざな)は子敬。通称は要助。著作に「南城三余集」「論語私説」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藍沢南城の関連キーワード南渓(2)儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android