コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍閃石相 らんせんせきそうglaucophane schist facies

1件 の用語解説(藍閃石相の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

藍閃石相

合成実験の結果から,500MPa(5kbar)以上の高圧力と250~400℃の中程度から低い温度条件下で形成された変成相と考えられる[Eskola : 1920].藍閃石片岩相には藍閃石が広く含まれているが,藍閃石片岩相に常に藍閃石が含まれているとは限らず,一方藍閃石の出現はこの相にのみ限定されることはないので,多少混乱がある.この相の中で藍閃石を含まない岩石にはローソナイトアラゴナイト,翡翠(ひすい)輝石などが含まれる特徴がある.このような理由でウィンクラーはこの相をローソナイト藍閃石相とした[Winkler : 1965].ローソナイトが翡翠輝石と石英と共に産出するのがこの相である.Na角閃石とパンペリアイトは普通に産出し,曹長石は翡翠輝石と共存する.この相に含まれる多くの岩石は片状ではない.現在は青色片岩相blue-schist facies)と同様に用いられている[Ernst : 1963, Bailey, et al. : 1964].なお純粋なCaCO3は高圧条件でアラゴナイトが形成される[Jamiesen : 1953, Simons & Bell : 1963].地表の温度圧力条件では方解石がアラゴナイトよりも安定であるが,常温常圧の水溶液にMgイオンが溶存していると方解石の形成が阻止されてアラゴナイトが形成される[北野 : 1990].天然の系は複雑なので,単純な実験系を直ちに変成相に適用するには注意が必要である.藍閃石の形成には以前から議論があり,野外では蛇紋岩などの超塩基性岩貫入岩体の周囲に異常に多くの藍閃石などNa-鉱物が含まれていることが報告され,Na-交代作用が主張されている[Suzuki : 1933, 1934, 1939, Suzuki & Suzuki : 1959, 鈴木 : 1970, Taliaferro : 1943, Turner & Verhoogen : 1951].藍閃石片岩相の考えは温度圧力など外部条件のことで,一方交代作用は化学組成の増減であり両者の観点は異なる.変成相の考え方では交代作用があってもなくても構わないが,局所的に交代作用が著しい変成岩の場合には化学組成の変化を考慮する必要がある.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

藍閃石相の関連キーワードHFS Plus

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone