コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井実 ふじい みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井実 ふじい-みのる

1880-1963 明治時代の陸上競技選手。
明治13年11月6日生まれ。東京帝大運動会で,明治35年100m競走に10秒24を,39年棒高跳びに3m90を記録し,当時の世界記録をつくる。両記録は「アメリカ体協(AAU)年報」で紹介された。卒業後は外交官となった。昭和38年死去。83歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじいみのる【藤井実】

1880‐1963(明治13‐昭和38)
明治期の陸上競技選手。東京出身。東京帝大仏法科卒。1902年の東大運動会で,100m競走に10秒24の驚異的な記録を出した。このとき初めて田中館愛橘考案の電気計測が用いられ,寺田寅彦が助手を務めたが,現在ではどこかに計時の誤りがあったとみられている。さらに06年の運動会では棒高跳びに3m90cmを記録した。これらの記録は東大総長から海外へ通報され,アメリカの運動年鑑に世界記録として報じられた。陸上万能で走幅跳びなどにも好記録を残したが,卒業後は外交官の道を歩んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

藤井実の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android