コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井高雅 ふじい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井高雅 ふじい-たかつね

1819-1863 江戸時代後期の国学者。
文政2年3月14日生まれ。藤井高尚(たかなお)の孫娘と結婚し,備中(びっちゅう)(岡山県)吉備津(きびつ)神社社家頭をつぐ。国学をおしえ「後松屋(のちのまつのや)先生」とよばれた。晩年大藤幽叟(ゆうそう)の名で尊攘(そんじょう)運動にくわわるが,浪士の誤解をうけて,文久3年7月25日京都で暗殺された。45歳。本姓は堀家。前名は高枝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤井高雅 (ふじいたかつね)

生年月日:1819年3月14日
江戸時代後期の国学者
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

藤井高雅の関連キーワード生年月日緒方惟正国学者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android