コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井高雅 ふじい

美術人名辞典の解説

藤井高雅

国学者・吉備津宮宮司。備中賀陽郡生。通称は高枝・高起・光治郎、号は幽叟・後松の屋。高尚の養孫。業合大枝藤井高尚門人。紀伊の芹田と淡路の由良の間に大暗礁をつくり夷船を防ぐ計画をたて資金を募ったため浪士嫌疑をうけ暗殺される。文久3年(1863)歿、45才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井高雅 ふじい-たかつね

1819-1863 江戸時代後期の国学者。
文政2年3月14日生まれ。藤井高尚(たかなお)の孫娘と結婚し,備中(びっちゅう)(岡山県)吉備津(きびつ)神社社家頭をつぐ。国学をおしえ「後松屋(のちのまつのや)先生」とよばれた。晩年大藤幽叟(ゆうそう)の名で尊攘(そんじょう)運動にくわわるが,浪士の誤解をうけて,文久3年7月25日京都で暗殺された。45歳。本姓は堀家。前名は高枝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤井高雅 (ふじいたかつね)

生年月日:1819年3月14日
江戸時代後期の国学者
1863年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

藤井高雅の関連キーワード生年月日緒方惟正国学者

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android