藤原仲統(読み)ふじわらの なかむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原仲統」の解説

藤原仲統 ふじわらの-なかむね

818-875 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)9年生まれ。南家藤原三守(みもり)の次男。蔵人頭(くろうどのとう),治部卿(じぶきょう)をへて,貞観(じょうがん)14年参議となる。のち右兵衛督(うひょうえのかみ)。貞観17年6月6日死去。58歳(「公卿補任(ぶにん)」では57歳)。名は「なかのり」ともよみ,仲縁(なかふち)とも。

藤原仲統 ふじわらの-なかのり

ふじわらの-なかむね

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android