コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原光継 ふじわらの みつつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原光継 ふじわらの-みつつぐ

?-1338 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
藤原光泰の次男。後醍醐(ごだいご)天皇の隠岐(おき)配流後は光厳(こうごん)天皇につかえ,のち後醍醐天皇にふたたびつかえた。建武(けんむ)3=延元元年足利尊氏追討の功により従二位,権(ごんの)中納言となる。同年天皇の京都脱出にしたがい,建武5=延元3年2月奈良で北朝方とたたかって死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原光継の関連キーワード南北朝時代公卿

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android