コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六条家 ろくじょうけ

5件 の用語解説(六条家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六条家
ろくじょうけ

歌道を伝えた家筋の一つ。京都六条烏丸に住み,六条修理大夫と呼ばれた藤原顕季 (あきすえ) に始り,『詞花和歌集』の撰者の藤原顕輔,歌学者として名高い藤原清輔や顕昭,『新古今集』の撰者の一人である有家,『蓮性陳状』を書いた知家,『続古今集』の撰者の一人である行家などが輩出して,平安時代末期~鎌倉時代に栄えた。藤原俊成,定家,為家らの出た御子左家 (みこひだりけ) と対立して,歌道を競い合った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろくじょう‐け〔ロクデウ‐〕【六条家】

平安末期から鎌倉初期にかけて栄えた和歌の家系。京都六条烏丸に住んだ藤原顕季(ふじわらのあきすえ)を祖とし、顕輔(あきすけ)清輔顕昭(けんしょう)などすぐれた歌人・歌学者を出した。趣向を重んじる歌風で、藤原俊成定家御子左(みこひだり)家と対立したが、南北朝時代に断絶。源経信俊頼の六条源家(げんけ)と区別するため、六条藤家(とうけ)ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろくじょうけ【六条家】

平安後期・中世の歌道家。北家藤原氏の総継(ふさつぐ)の流れをくむ藤原顕季(あきすえ)は京都六条烏丸に住んで六条修理大夫と呼ばれ,その家系を六条家という。顕季は歌才もあり歌壇で重んじられ,1118年(元永1)に源俊頼(としより),藤原顕仲(あきなか)らを招き人丸影供(ひとまるえいぐ)を催している。これは柿本人麻呂影供和歌会の創始となった。その子の顕輔(あきすけ)は《詞花和歌集》を選集しており,後を継いだ清輔(きよすけ)および養子の顕昭(けんしよう)は大いに学才を示して御子左(みこひだり)家の俊成と対抗して,歌の家としての六条家の地歩を築いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろくじょうけ【六条家】

平安末期から南北朝時代にかけて栄えた和歌の家柄。六条烏丸に住んだ藤原顕季ふじわらのあきすえ1055~1123)を祖とし、その子顕輔、顕輔の子清輔、顕輔の養子顕昭など、優れた歌人・歌学者を輩出した。その歌風は理知的、歌学は考証的で、藤原俊成・定家の御子左みこひだり家が詩人的であるのと相対する。源経信・俊頼の家を六条源家げんけというのに対し六条藤家ともいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六条家
ろくじょうけ

中古・中世の歌道師範家。源経信(みなもとのつねのぶ)・俊頼(としより)の六条源家(げんけ)と区別するため六条藤家(とうけ)ともよぶ。白河院(しらかわいん)の寵臣(ちょうしん)であった藤原氏末茂(すえしげ)流の顕季(あきすえ)を祖とし、その邸宅が六条東洞院(ひがしのとういん)に、その子顕輔(あきすけ)の邸宅が六条大宮にあったための呼称である。『詞花集(しかしゅう)』を撰(えら)んだ顕輔と、『奥義抄(おうぎしょう)』『袋草紙(ふくろぞうし)』等を著したその子清輔(きよすけ)の時代が全盛期で、しだいに御子左(みこひだり)家に圧倒され、顕輔の猶子(ゆうし)顕昭(けんしょう)死後は勢力を失った。鎌倉時代に入ると、『続古今集』撰者(せんじゃ)の一人で、反御子左の立場をとった行家(ゆきいえ)などの歌人を生み、ある程度の権威を保ったが、しだいに衰え、南北朝期に断絶した。[川上新一郎]
『井上宗雄著『平安後期歌人伝の研究』(1978・笠間書院) ▽『谷山茂著作集4 新古今時代の歌合と歌壇』(1983・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の六条家の言及

【久我家】より

…すなわち賢子の兄雅実は太政大臣に昇り,後に家祖と仰がれたが,京都の南郊久我(古我・木賀ともあり)に邸宅を有し〈久我太政大臣〉と称されたのが家名の由来である。鎌倉時代初期に権勢を得た通親の男通具が堀河家を,定通が土御門(つちみかど)家を,通方が中院(なかのいん)家を,孫通有が六条家を興した。さらに江戸時代に入り晴通の孫具起が岩倉家を,有能が千種家を,通堅の孫通廉が東久世家を,また敦通の男通式が久世家を,孫季通が梅渓家を興し,千種有能の男雅永が植松家を興すなど,庶流の家も多い。…

※「六条家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone