コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御子左家 みこひだりけ

6件 の用語解説(御子左家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御子左家
みこひだりけ

藤原氏北家の嫡流道長の6子長家が祖。長家の曾孫俊成,俊成の子定家は歌人として名高く,和歌の家となった。定家の孫のとき二条家京極家冷泉家の3家が分出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みこひだり‐け【御子左家】

藤原道長の六男長家が醍醐天皇の皇子、左大臣源兼明の邸宅を伝領したところから》平安末期から鎌倉初期にかけて、藤原俊成定家為家(ためいえ)3代を中心とする和歌師範家としての家系。為家の子為氏(ためうじ)為教(ためのり)為相(ためすけ)それぞれ二条京極冷泉(れいぜい)の三家に分立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御子左家【みこひだりけ】

歌道・蹴鞠の家。藤原道長の第6子長家が御子左第(醍醐天皇の皇子の兼明親王の旧邸)に住んだため,その家系は代々この名で呼ばれた。俊成定家が出るにおよんで,藤原顕季・清輔,顕昭らを輩出した六条家を圧倒,歌の家として確立した。
→関連項目新古今和歌集藤原清輔藤原為家藤原俊成藤原良経

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みこひだりけ【御子左家】

歌道・蹴鞠の家。藤原道長の第6子権大納言長家(ながいえ)(1005‐64)が醍醐(だいご)天皇の皇子兼明(かねあきら)親王の邸宅御子左第を伝領して御子左大納言と呼ばれ,以後その家系を御子左家といった。長家の曾孫に俊成(としなり)が出て六条家と対抗し,その子の定家があらわれるにおよび,歌の家としての立場を確立する。一族には寂蓮(じやくれん),俊成女,阿仏尼(あぶつに)など優れた歌人が多い。定家の後,その子の為家が継ぎ穏健正雅の風を立て,六条家を圧倒して歌壇の勢力を一手に握る

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みこひだりけ【御子左家】

〔藤原道長の六男長家が醍醐天皇の皇子左大臣源兼明の邸(御子左第みこさてい)を受け継いで祖となったところから〕
平安・鎌倉時代の歌道の家。平安末期に俊成が出て歌道の師範家となり、その子定家・為家と続き六条家を圧して歌壇の実権を握った。為家の子為氏・為教ためのり・為相ためすけはそれぞれ二条・京極・冷泉家に分かれた。みこさけ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御子左家
みこひだりけ

御堂(みどう)関白藤原道長の六男の権大納言(ごんだいなごん)長家を祖とする家系の称。長家が醍醐(だいご)天皇の御子大臣兼明(かねあきら)親王邸を伝領したことによる。平安末期に六条家の清輔(きよすけ)・顕昭(けんしょう)に拮抗(きっこう)した俊成(しゅんぜい)以降、定家(ていか)・為家(ためいえ)と連続して勅撰(ちょくせん)集撰者となり歌壇の中心的指導者となったところから、歌道師範家としての「御子左家」の権威が確立した。為家の子孫は二条、京極(きょうごく)、冷泉(れいぜい)の三家に分立したが、嫡流の二条家が南北朝期の為定以降権威づけに「御子左」を名のったもので、俊成・定家の代にさかのぼって用いるのは近代に入ってからの便宜的呼称である。[松野陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御子左家の関連キーワード飛鳥井雅綱飛鳥井家藤原道綱権大納言駿河大納言大納言局(2)藤原実行藤原儼子藤原長家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone