御子左家(読み)みこひだりけ

デジタル大辞泉の解説

みこひだり‐け【御子左家】

藤原道長の六男長家が醍醐天皇の皇子、左大臣源兼明の邸宅を伝領したところから》平安末期から鎌倉初期にかけて、藤原俊成定家為家(ためいえ)3代を中心とする和歌師範家としての家系。為家の子為氏(ためうじ)為教(ためのり)為相(ためすけ)はそれぞれ二条京極冷泉(れいぜい)の三家に分立した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御子左家【みこひだりけ】

歌道・蹴鞠の家。藤原道長の第6子長家が御子左第(醍醐天皇の皇子の兼明親王の旧邸)に住んだため,その家系は代々この名で呼ばれた。俊成定家が出るにおよんで,藤原顕季・清輔,顕昭らを輩出した六条家を圧倒,歌の家として確立した。定家の子為家の後,二条家京極家冷泉(れいぜい)家に分かれ,歌壇の主導権を争うが,それぞれ歌の宗家として重きをなした。
→関連項目新古今和歌集藤原清輔藤原為家藤原俊成藤原良経

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みこひだりけ【御子左家】

歌道・蹴鞠の家。藤原道長の第6子権大納言長家(ながいえ)(1005‐64)が醍醐(だいご)天皇の皇子兼明(かねあきら)親王の邸宅御子左第を伝領して御子左大納言と呼ばれ,以後その家系を御子左家といった。長家の曾孫に俊成(としなり)が出て六条家と対抗し,その子の定家があらわれるにおよび,歌の家としての立場を確立する。一族には寂蓮(じやくれん),俊成女阿仏尼(あぶつに)など優れた歌人が多い。定家の後,その子の為家が継ぎ穏健正雅の風を立て,六条家を圧倒して歌壇の勢力を一手に握る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みこひだりけ【御子左家】

〔藤原道長の六男長家が醍醐天皇の皇子左大臣源兼明の邸(御子左第みこさてい)を受け継いで祖となったところから〕
平安・鎌倉時代の歌道の家。平安末期に俊成が出て歌道の師範家となり、その子定家・為家と続き六条家を圧して歌壇の実権を握った。為家の子為氏・為教ためのり・為相ためすけはそれぞれ二条・京極・冷泉家に分かれた。みこさけ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御子左家
みこひだりけ

御堂(みどう)関白藤原道長の六男の権大納言(ごんだいなごん)長家を祖とする家系の称。長家が醍醐(だいご)天皇の御子大臣兼明(かねあきら)親王邸を伝領したことによる。平安末期に六条家の清輔(きよすけ)・顕昭(けんしょう)に拮抗(きっこう)した俊成(しゅんぜい)以降、定家(ていか)・為家(ためいえ)と連続して勅撰(ちょくせん)集撰者となり歌壇の中心的指導者となったところから、歌道師範家としての「御子左家」の権威が確立した。為家の子孫は二条、京極(きょうごく)、冷泉(れいぜい)の三家に分立したが、嫡流の二条家が南北朝期の為定以降権威づけに「御子左」を名のったもので、俊成・定家の代にさかのぼって用いるのは近代に入ってからの便宜的呼称である。[松野陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android