コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原季能 ふじわらの すえよし

1件 の用語解説(藤原季能の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原季能 ふじわらの-すえよし

?-1211 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
藤原俊盛(としもり)の子。讃岐守(さぬきのかみ)などを歴任。白河院別当をつとめ,寿永2年(1183)従三位,右京大夫。のち正三位にすすみ,太皇太后宮大夫,兵部卿となる。「千五百番歌合」などに出詠,勅撰集には9首がはいっている。建暦(けんりゃく)元年6月21日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原季能の関連キーワード春華門院カラ・キタイ建暦三長記黒契丹建暦承元無名抄カラ・キタイ喫茶養生記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone