コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原俊盛 ふじわらの としもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原俊盛 ふじわらの-としもり

1120-? 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
保安(ほうあん)元年生まれ。藤原顕盛(あきもり)の長男。母は藤原敦兼(あつかね)の娘。藤原長実(ながざね)の孫。丹後,讃岐(さぬき)などの国守を歴任し,長寛2年(1164)従三位。のち太皇太后宮権大夫(ごんのだいぶ),正三位にいたる。後白河院年預別当をつとめた。治承(じしょう)元年(1177)出家。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのとしもり【藤原俊盛】

1120(保安1)‐?
平安末期の廷臣。権中納言長実の孫で,尾張守顕盛の長男。長実,顕盛はともに白河院の近臣として活躍したが,鳥羽院政が始まるや,顕盛は年来鳥羽上皇を軽んじたとして失脚した。しかし長実の女得子(美福門院)が上皇の寵を得るに及び,一家は繁栄を取りもどし,俊盛も備後,丹後,越前,讃岐など大国の守を歴任し,その間蓄えた財力をもって上皇および美福門院に奉仕し,さらに後白河院の年預別当に補されて院中の雑事をつかさどった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

藤原俊盛の関連キーワード藤原季能公卿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android