コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原寛子(3) ふじわらの かんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原寛子(3) ふじわらの-かんし

1036-1127 平安時代中期,後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后。
長元9年生まれ。藤原頼通(よりみち)の娘。母は藤原祇子(ぎし)。永承5年(1050)女御(にょうご),翌年皇后となる。藤原歓子の立后により中宮(ちゅうぐう)にうつり,のち皇太后,太皇太后。四条后,宇治大宮とよばれる。「皇后宮春秋歌合」などを主催した。大治(だいじ)2年8月14日死去。92歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原寛子(3)の関連キーワード宋の時代(年表)ザンギー朝ザンギー朝後一条天皇後朱雀天皇後一条天皇後朱雀天皇左経記藤原寛子平記

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android