コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原寛子(3) ふじわらの かんし

1件 の用語解説(藤原寛子(3)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原寛子(3) ふじわらの-かんし

1036-1127 平安時代中期,後冷泉(ごれいぜい)天皇の皇后。
長元9年生まれ。藤原頼通(よりみち)の娘。母は藤原祇子(ぎし)。永承5年(1050)女御(にょうご),翌年皇后となる。藤原歓子の立后により中宮(ちゅうぐう)にうつり,のち皇太后,太皇太后。四条后,宇治大宮とよばれる。「皇后宮春秋歌合」などを主催した。大治(だいじ)2年8月14日死去。92歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原寛子(3)の関連キーワードザンギー朝後朱雀天皇後一条天皇左経記藤原寛子平記講史コンラート[3世]水石宋銭

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone