コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後一条天皇 ごいちじょうてんのう

7件 の用語解説(後一条天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後一条天皇
ごいちじょうてんのう

[生]寛弘5(1008).9.11. 京都
[没]長元9(1036).4.17. 京都
第 68代の天皇 (在位 1016~36) 。名は敦成 (あつひら) 。一条天皇の第2皇子。母は藤原道長の娘彰子。道長の意により三条天皇皇太子となり,長和5 (16) 年践祚し,次いで即位した。摂政は外祖父にあたる道長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごいちじょう‐てんのう〔ゴイチデウテンワウ〕【後一条天皇】

[1008~1036]第68代天皇。在位1016~1036。一条天皇の第2皇子。名は敦成(あつひら)。母は藤原道長の娘の彰子(しょうし)(上東門院)。9歳で即位し、道長が摂政となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

後一条天皇【ごいちじょうてんのう】

一条天皇第2皇子。1016年―1036年在位。母は藤原道長の娘彰子(しょうし)。道長とその子藤原頼通(よりみち)が相次いで摂政関白となり,道長の娘威子(いし)が中宮となるなど,外祖父道長が政治的実権を握った。
→関連項目上賀茂六郷櫛淵荘三条天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後一条天皇 ごいちじょうてんのう

1008-1036 平安時代中期,第68代天皇。在位1016-36。
寛弘(かんこう)5年9月11日生まれ。一条天皇の第2皇子。母は藤原彰子(上東門院)。三条天皇の譲位により9歳で即位。外祖父藤原道長が摂政となる。在位中,刀伊(とい)(女真)が対馬(つしま),壱岐(いき),筑前(ちくぜん)に襲来(1019)したり,下総(しもうさ)平忠常が乱をおこす(1028)事件があった。長元9年4月17日死去。29歳。墓所は菩提樹院陵(ぼだいじゅいんのみささぎ)(京都市左京区)。諱(いみな)は敦成(あつひら)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後一条天皇

没年:長元9.4.17(1036.5.15)
生年:寛弘5.9.11(1008.10.12)
平安中期の天皇。名は敦成。一条天皇の第2皇子で母は藤原道長の娘中宮彰子。外祖父の土御門殿で誕生した前後の様子は『紫式部日記』に詳しい。道長は生後間もないこの孫を抱きオシッコをかけられ喜んでいる。誕生の年に親王宣下,三条天皇の東宮となったのち,長和5(1016)年,9歳で即位とすべて道長のお膳だて通りだった。当初は敦明親王が東宮であったが,1年余後には実弟の敦良親王(のちの後朱雀天皇)が立太子。即位直後1年ほど道長が摂政,その後は頼通が継いだ。寛仁2(1018)年,11歳のとき叔母の威子(20歳)が中宮となりふたり内親王が誕生したが,皇子はいなかった。叔母との結婚は道長がとった政策による。陵は京都市左京区吉田神楽岡町の菩提樹院陵。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごいちじょうてんのう【後一条天皇】

1008~1036) 第六八代天皇(在位1016~1036)。名は敦成あつひら。一条天皇の皇子。母は藤原道長の娘彰子。在位中道長が摂政を務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後一条天皇
ごいちじょうてんのう
(1008―1036)

第68代天皇(在位1016~36)。一条天皇第2皇子。母は藤原道長の女(むすめ)彰子(しょうし)。諱(いみな)は敦成(あつひら)。一条天皇が位を三条天皇に譲るとき、皇太子に第1皇子敦康(あつやす)親王を擬そうとしたが、道長をはばかり、その外孫敦成親王を皇太子にたてた。この敦成親王が1016年(長和5)9歳で即位。道長が短期間摂政(せっしょう)となったのち、その男頼通(よりみち)が摂関となり執政した。この朝において太皇太后(一条天皇中宮彰子)、皇太后(三条天皇中宮妍子(けんし))、皇后(後一条天皇中宮威子(いし))の三后がともに道長の女で、その栄華を極めた。道長が「この世をば我世とぞ思ふ望月のかけたる事もなしと思へば」と詠んだのは、威子立后の日であった。[森田 悌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

後一条天皇の関連キーワード後朱雀天皇三条天皇藤原定子玄々集小馬命婦(2)高松院藤原基子藤原尊子藤原繁子藤原豊子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone