コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後一条天皇 ごいちじょうてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後一条天皇
ごいちじょうてんのう

[生]寛弘5(1008).9.11. 京都
[没]長元9(1036).4.17. 京都
第 68代の天皇 (在位 1016~36) 。名は敦成 (あつひら) 。一条天皇の第2皇子。母は藤原道長の娘彰子道長の意により三条天皇の皇太子となり,長和5 (16) 年践祚し,次いで即位した。摂政外祖父にあたる道長。寛仁2 (18) 年道長の娘威子が入内し,同年,皇后となり,道長の3人の娘が同時に后位について世にまれなこととされた。「この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば」と歌った道長の全盛時代であった。陵墓は京都市左京区吉田神楽岡町の菩提樹院陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごいちじょう‐てんのう〔ゴイチデウテンワウ〕【後一条天皇】

[1008~1036]第68代天皇。在位1016~1036。一条天皇の第2皇子。名は敦成(あつひら)。母は藤原道長の娘の彰子(しょうし)(上東門院)。9歳で即位し、道長が摂政となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

後一条天皇【ごいちじょうてんのう】

一条天皇第2皇子。1016年―1036年在位。母は藤原道長の娘彰子(しょうし)。道長とその子藤原頼通(よりみち)が相次いで摂政関白となり,道長の娘威子(いし)が中宮となるなど,外祖父道長が政治的実権を握った。
→関連項目上賀茂六郷櫛淵荘三条天皇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後一条天皇 ごいちじょうてんのう

1008-1036 平安時代中期,第68代天皇。在位1016-36。
寛弘(かんこう)5年9月11日生まれ。一条天皇の第2皇子。母は藤原彰子(上東門院)。三条天皇の譲位により9歳で即位。外祖父藤原道長が摂政となる。在位中,刀伊(とい)(女真)が対馬(つしま),壱岐(いき),筑前(ちくぜん)に襲来(1019)したり,下総(しもうさ)で平忠常が乱をおこす(1028)事件があった。長元9年4月17日死去。29歳。墓所は菩提樹院陵(ぼだいじゅいんのみささぎ)(京都市左京区)。諱(いみな)は敦成(あつひら)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

後一条天皇

没年:長元9.4.17(1036.5.15)
生年:寛弘5.9.11(1008.10.12)
平安中期の天皇。名は敦成。一条天皇の第2皇子で母は藤原道長の娘中宮彰子。外祖父の土御門殿で誕生した前後の様子は『紫式部日記』に詳しい。道長は生後間もないこの孫を抱きオシッコをかけられ喜んでいる。誕生の年に親王宣下,三条天皇の東宮となったのち,長和5(1016)年,9歳で即位とすべて道長のお膳だて通りだった。当初は敦明親王が東宮であったが,1年余後には実弟の敦良親王(のちの後朱雀天皇)が立太子。即位直後1年ほど道長が摂政,その後は頼通が継いだ。寛仁2(1018)年,11歳のとき叔母の威子(20歳)が中宮となりふたりの内親王が誕生したが,皇子はいなかった。叔母との結婚は道長がとった政策による。陵は京都市左京区吉田神楽岡町の菩提樹院陵。

(朧谷寿)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごいちじょうてんのう【後一条天皇】

1008~1036) 第六八代天皇(在位1016~1036)。名は敦成あつひら。一条天皇の皇子。母は藤原道長の娘彰子。在位中道長が摂政を務めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後一条天皇
ごいちじょうてんのう
(1008―1036)

第68代天皇(在位1016~36)。一条天皇第2皇子。母は藤原道長の女(むすめ)彰子(しょうし)。諱(いみな)は敦成(あつひら)。一条天皇が位を三条天皇に譲るとき、皇太子に第1皇子敦康(あつやす)親王を擬そうとしたが、道長をはばかり、その外孫敦成親王を皇太子にたてた。この敦成親王が1016年(長和5)9歳で即位。道長が短期間摂政(せっしょう)となったのち、その男頼通(よりみち)が摂関となり執政した。この朝において太皇太后(一条天皇中宮彰子)、皇太后(三条天皇中宮妍子(けんし))、皇后(後一条天皇中宮威子(いし))の三后がともに道長の女で、その栄華を極めた。道長が「この世をば我世とぞ思ふ望月のかけたる事もなしと思へば」と詠んだのは、威子立后の日であった。[森田 悌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

後一条天皇 (ごいちじょうてんのう)

生年月日:1008年9月11日
平安時代中期の第68代の天皇
1036年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

後一条天皇の関連キーワード選子内親王馨子内親王本朝続文粋本朝文粋上総大輔丹波忠明大江挙周藤原豊子生年月日菅原芳子日本紀略藤原威子藤原基子笠森寺源顕基源隆国二条院善峰寺出羽弁今鏡

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android