コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原康能 ふじわらの やすよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原康能 ふじわらの-やすよし

?-1296* 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
煕仁(ひろひと)親王(のちの伏見天皇)につかえ,兵部卿,参議などをつとめる。正三位。弘安(こうあん)3年(1280)の弘安源氏論義では飛鳥井雅有(あすかい-まさあり)ときそった。歌は「続(しょく)古今和歌集」「玉葉和歌集」に各1首ある。永仁(えいにん)3年12月3日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原康能の関連キーワードフィロズシャーフィルズシャー除法坂の上の雲三菱重工業神戸造船所王応麟覚園寺子持山サンタマリアデルフィオーレ大聖堂ムイデン城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android