コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原文山 ふじわらの ふみやま

1件 の用語解説(藤原文山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原文山 ふじわらの-ふみやま

?-841 平安時代前期の官吏。
南家藤原雄友(おとも)の子。弘仁(こうにん)元年(810)従五位下。造西寺(さいじ)次官,玄蕃頭(げんばのかみ),侍従,右京大夫(うきょうのだいぶ)などをへて,承和(じょうわ)3年内蔵頭(くらのかみ)となる。従四位上。承和8年3月21日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原文山の関連キーワードA判会昌の廃仏宗密歴代名画記安然円仁小野恒柯葛井親王実敏高津内親王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone