コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原文山 ふじわらの ふみやま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原文山 ふじわらの-ふみやま

?-841 平安時代前期の官吏。
南家藤原雄友(おとも)の子。弘仁(こうにん)元年(810)従五位下。造西寺(さいじ)次官,玄蕃頭(げんばのかみ),侍従,右京大夫(うきょうのだいぶ)などをへて,承和(じょうわ)3年内蔵頭(くらのかみ)となる。従四位上。承和8年3月21日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原文山の関連キーワード太竜寺官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android