コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会昌の廃仏 かいしょうのはいぶつ Hui-chang-fei-fo

2件 の用語解説(会昌の廃仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会昌の廃仏
かいしょうのはいぶつ
Hui-chang-fei-fo

中国,唐の武宗の会昌5 (845) 年に行われた仏教弾圧。中国史上3度目の大規模な廃仏で,隋,唐に栄えた仏教諸派に深刻な打撃を与えた。廃仏の原因としては,教団の退廃や免税特権をもつ僧尼の増加が国家財政を圧迫したこともあげうるが,直接的には武宗が道士趙帰真を信任し,その意見を宰相李徳裕とともに全面的に採用したのに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会昌の廃仏
かいしょうのはいぶつ

中国、唐の武宗(在位840~846)が行った仏教弾圧。武宗の仏教排斥の兆候は、道教信仰への傾斜に伴って841年(会昌1)から始まり、道士の趙帰真(ちょうきしん)、宰相の李徳裕(りとくゆう)らの協力を得て、数年をかけてしだいに厳しくなり、845年、長安、洛陽(らくよう)などの大都市の数寺を残すだけで、他の寺院はすべて財産を没収したうえで廃毀(はいき)し、僧尼は還俗(げんぞく)させて納税の民とする廃仏毀釈(きしゃく)令に帰着した。こうして4600余の寺および4万余の招提(しょうだい)・蘭若(らんにゃ)などの寺額のない小仏堂が廃され、僧尼26万余人が還俗し、没収された良田は数千万頃(けい)、奴婢(ぬひ)は15万人に達し、銅や鉄の仏像は改鋳して銅銭や農具とされた。当時、長安に滞在していた日本僧円仁(えんにん)の『入唐求法巡礼行記(にっとうぐほうじゅんれいぎょうき)』は逼迫(ひっぱく)する廃仏を刻々記録している。会昌年間(841~846)には仏教のほかマニ教、ネストリウス派キリスト教、ゾロアスター教も禁止された。廃仏政策の背景には、ウイグルの侵入や地方軍閥の反乱、銅銭の不足などの社会問題があった。廃仏は846年の武宗の死によって終わるが、荘園(しょうえん)経営によって経済的な豊かさに安住していた仏教教団の受けた打撃は大きく、寺院に依存することの少なかった禅が後の宋(そう)代仏教の主流となった。[佐藤智水]
『道端良秀著『唐代仏教史の研究』(1957・法蔵館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会昌の廃仏の関連キーワード三武一宗の法難南宗南禅寺会昌門三武一宗大慈恩寺武宗唐の紙蘭若カスタム 845

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

会昌の廃仏の関連情報