コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗密 しゅうみつZong-mi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗密
しゅうみつ
Zong-mi

[生]建中1(780).果州
[没]会昌1(841)
中国,唐の僧。姓は何氏。諡は定慧。「すみつ」とも読む。華厳宗第5祖,圭峰禅師という。澄観の弟子。華厳宗の教学を高揚するかたわら禅にも通じ,教禅一致を唱えた。主著『原人論』『円覚経疏』『華厳綸貫』,序だけが現存する『禅源諸詮集』も有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうみつ【宗密】

[780~841]中国、唐代の僧。華厳宗第五祖。果州(四川省)・四充の人。禅と華厳とを統合した教禅一致を唱えた。著「原人(げんにん)論」「禅源諸詮集都序」。圭峰大師。すみつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宗密【しゅうみつ】

中国,唐代の僧。圭峰(けいほう)禅師定慧(じょうえ)禅師とも。澄観(ちょうかん)の弟子で華厳(けごん)宗第5祖。華厳教学を高揚したばかりでなく,禅をも承(う)け《禅源諸詮集》(現存は序のみ)を著し,華厳と禅の一致を唱え,宋以後の仏教の基礎をなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうみつ【宗密 Zōng mì】

780‐841
中国,唐代中期の僧。華厳宗第5祖。圭峰宗密定慧禅師とよばれる。四川の果州の人。姓は何。儒道二教に通じ,遂州道円に参じて仏教に転じ,曹渓の頓宗をうけるとともに,《円覚経》を得て宗旨とし,清涼澄観より華厳を学ぶ。教外別伝の馬祖禅を退け,荷沢神会の説を軸に教と禅との融会を試みる一方,さらに儒仏道三教の体系化にすすみ,宋学の源流とされる。《円覚経》の注釈数種のほか,《原人論》《禅源諸詮集都序》《中華伝心地禅門師資承襲図》の作があり,いずれも,裴休(はいきゆう)が序を書いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうみつ【宗密】

〔「すみつ」とも〕 (780~841) 中国唐代の僧。華厳宗第五祖。禅と華厳教学を学び、教禅一致の立場に立つ。著「禅源諸詮集」「円覚経疏」など。圭峰禅師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗密
しゅうみつ
(780―841)

中国、唐代の僧。華厳(けごん)宗第五祖。諡号(しごう)は定慧禅師(じょうえぜんじ)。住持地より圭峰(けいほう)宗密、草堂(そうどう)禅師、圭山(けいざん)大師とよばれる。俗姓は何(か)氏。果州(四川(しせん)省)西充の人。少年時代に儒学を学び、儒教・道教の二教に通じて、『原人論(げんにんろん)』を著した。『円覚経(えんがくきょう)』との出会いにより諸注釈書を著して『円覚経』研究を完成した。また、荷沢神会(かたくじんね)を派祖とする荷沢宗に属することを主張して、禅宗内の北宗、牛頭(ごず)宗、洪州(こうしゅう)宗の区別を明確にし、『禅源諸詮集都序(ぜんげんしょせんしゅうとじょ)』『裴休拾遺問(はいきゅうしゅういもん)』を著した。澄観(ちょうかん)(華厳宗第四祖)に華厳教学を受けて、禅と華厳とを統合して教禅一致説を形成した。[鎌田茂雄]
『鎌田茂雄著『宗密教学の思想史的研究』(1975・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗密の言及

【禅】より

…のちに新儒教とよばれる宋学の形成に,禅が影響するのは当然である。唐の圭峯宗密は,かつて中国に行われた禅の歴史と思想を分類して,外道禅,凡夫禅,小乗禅,大乗禅,最上乗禅の五つとする。はじめの三つが初期の禅,大乗禅が天台止観,最後の最上乗禅が,達磨の禅宗である。…

※「宗密」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗密の関連キーワード鎌田 茂雄鎌田茂雄浄土真宗圭峰禅師日石寺如来禅安然七祖頓悟鳳潭坐禅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android