コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原有実 ふじわらの ありざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原有実 ふじわらの-ありざね

847-914 平安時代前期-中期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)14年生まれ。北家藤原良仁(よしひと)の次男。左近衛(さこんえの)中将兼蔵人頭(くろうどのとう)をへて,元慶(がんぎょう)6年(882)参議となる。左衛門督(さえもんのかみ),陸奥出羽按察使(むつでわあぜち)をかね,正三位にすすんだ。延喜(えんぎ)14年5月12日死去。68歳(「公卿補任(ぶにん)」では67歳)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原有実の関連キーワード藤原和香子誨子内親王

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android