藤原朝俊(読み)ふじわらの ともとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原朝俊 ふじわらの-ともとし

?-1221 鎌倉時代の公家。
藤原朝方の孫。後鳥羽(ごとば)上皇の近臣で,右衛門佐(うえもんのすけ)に任官。承久(じょうきゅう)の乱に際して宇治をまもり(宇治川の戦い),承久3年6月14日奮戦して討ち死にした。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android