正一位(読み)ショウイチイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐いちい〔シヤウイチヰ〕【正一位】

諸王および諸臣に与えられる最高位の位階。
明治以前、神社に与えられた最高位の神位。また、特に稲荷神社のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょういちい【正一位】

律令制で、諸王および諸臣の位階の最上級。
神社に与えられる神位の最上位。また、稲荷神社の別称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おおき‐ひとつのくらい おほきひとつのくらゐ【正一位】

〘名〙 令制における位階文位)の一つで、四品の下、従一位の上。しょういちい。おおいひとつのくらい。
※今鏡(1170)二「御息所の御母、藤原の祉子ときこえ給ふも、おほきひとつのくらゐりまさせ給ふ」

しょう‐いちい シャウイチヰ【正一位】

〘名〙
① 令制で臣下に与えられる位階のうちの最高位
※令義解(718)官位「正一位」
② 神社に与えられる神位のうちの最高位。正一位稲荷神社など。稲荷神社の別称となることもある。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)四「裏店(うらだな)のずっとはずれに正一位」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正一位の関連情報