コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原苡子 ふじわらの いし

2件 の用語解説(藤原苡子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原苡子 ふじわらの-いし

1076-1103 平安時代後期,堀河天皇の女御(にょうご)。
承保(じょうほう)3年生まれ。藤原実季(さねすえ)の娘。母は藤原経平の娘睦子。承徳(じょうとく)2年(1098)入内(じゅだい),同年女御となる。皇子(鳥羽(とば)天皇)を生んでまもなく,康和5年1月25日死去。28歳。贈皇太后

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原苡子

没年:康和5.1.25(1103.3.5)
生年:承保3(1076)
平安後期の公家女性。大納言藤原実季と藤原睦子(経平の娘)の子。斎宮俊子内親王が養母。承徳2(1098)年,白河上皇の配慮により堀河天皇の女御となる。当時は堀河天皇に継嗣の生まれることが一心に待たれ,翌年苡子は懐妊するが,男子を流産。母や兄公実が寺社に皇子誕生の祈願を繰り返すなか,のちの鳥羽天皇となる宗仁親王を出産するが,その9日後に産後の不調から没する。宇治の木幡山陵に葬られる。嘉承2(1107)年鳥羽天皇の即位に伴い,皇太后を追贈された。<参考文献>橋本義彦『平安貴族社会の研究』

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原苡子の関連キーワード四納言藤原実定藤原公実藤原公通藤原実家藤原実長藤原実行藤原実子(1)藤原親家(1)藤原宗家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone