コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原苡子 ふじわらの いし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原苡子 ふじわらの-いし

1076-1103 平安時代後期,堀河天皇の女御(にょうご)。
承保(じょうほう)3年生まれ。藤原実季(さねすえ)の娘。母は藤原経平の娘睦子。承徳(じょうとく)2年(1098)入内(じゅだい),同年女御となる。皇子(鳥羽(とば)天皇)を生んでまもなく,康和5年1月25日死去。28歳。贈皇太后

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原苡子

没年:康和5.1.25(1103.3.5)
生年:承保3(1076)
平安後期の公家女性。大納言藤原実季と藤原睦子(経平の娘)の子。斎宮俊子内親王が養母。承徳2(1098)年,白河上皇の配慮により堀河天皇の女御となる。当時は堀河天皇に継嗣の生まれることが一心に待たれ,翌年苡子は懐妊するが,男子を流産。母や兄公実が寺社に皇子誕生の祈願を繰り返すなか,のちの鳥羽天皇となる宗仁親王を出産するが,その9日後に産後の不調から没する。宇治の木幡山陵に葬られる。嘉承2(1107)年鳥羽天皇の即位に伴い,皇太后を追贈された。<参考文献>橋本義彦『平安貴族社会の研究』

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原苡子の関連キーワード俊子内親王家河内藤原通俊橋本義彦増誉

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android