コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原陳忠 ふじわらののぶただ

3件 の用語解説(藤原陳忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原陳忠
ふじわらののぶただ

平安時代,大納言元方の子。正五位下。信濃守の任を終えての帰途谷に落ちたが,引上げられたとき,谷底に生えていた平葺を持てるかぎりかかえており,家来たちに「『受領は倒るるところに土をつかめ』というものを」と言ったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原陳忠 ふじわらの-のぶただ

?-? 平安時代中期の官吏。
藤原元方の子。信濃守(しなののかみ)の任期をおえて都へもどるとき,東山道の神坂(みさか)峠で馬ごと谷に転落。従者が籠(かご)をおろすと,はじめは籠一杯のヒラタケをひきあげさせ,2度めにヒラタケを片手にもってあがってきたという(「今昔物語集」)。国司の強欲をしめす説話として有名。
【格言など】受領は倒るる所に土をつかめ(「今昔物語集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原陳忠

生年:生没年不詳
平安中期の受領。藤原元方と参議橘良殖の娘の子とも。正五位下。天元5(982)年3月,信濃守に在任しているから(『小右記』),このころのことであろう,『今昔物語集』に,任期を終えての帰路,谷底に落ちたが,あたりに密生している平茸を持てるだけ持って上ったので,郎等たちがあきれたという話を収める。「受領ハ倒ルル所ニ土ヲツカメトコソ」(受領は倒れてもただでは起きない)とは,陳忠のエピソードを紹介した編者の評言で,受領の貪欲さが示されている。舞台となった神坂峠(標高1595m)は岐阜,長野の県境にあり,長野県側に神坂神社がある。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原陳忠の関連キーワード扶桑集按察典侍原元広平親王藤原祐姫藤原道明藤原元方藤原元真藤原元善源扶義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone