コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原顕忠 ふじわらの あきただ

1件 の用語解説(藤原顕忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原顕忠 ふじわらの-あきただ

898-965 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
昌泰(しょうたい)元年生まれ。藤原時平の次男。承平(じょうへい)7年(937)参議。のち従二位,右大臣にすすむ。富小路右大臣とよばれた。菅原道真の怨霊(おんりょう)をおそれ,つつしみぶかくすごしたという。康保(こうほう)2年4月24日死去。68歳。贈正二位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原顕忠の関連キーワード公卿給地下の公卿小野好純勝岡源清鑒源近善源憲定源則忠源基平源泰清